インターホーン交換で安全な暮らし~ピンピンポーンと顔チェック!~

インターホン

交換して防犯意識アップ

何処の家やアパートやマンションなどには必ず備え付けられているものが、インターホンです。昔のおなじみの音でピンポ~ンが大きく屋内に響き渡り、あまりの大きさに近所まで聞こえるほどです。設置する意味としては、防犯対策で不審者や変質者、もしくは強引なセールスマンの侵入を防ぐためです。防犯の意味以外には、誰かが家を訪ねてきた合図となります。宅配業者や家族の帰宅時などでも活躍します。一昔前では、インターホンが鳴ったら、玄関ドアに備え付けてある外を覗きこむ小さなレンズから顔を確認してドアを空けるのが一般的でした。レンズは広範囲を移して相手の顔を確認できます。同時に確認できない死角も存在します。最新のインターホンでは、チャイムを鳴らすスイッチの上にカメラ機能が付いているものがあります。マイク機能と同時に顔を確認しながら外の人と会話が可能となるのです。

昔より安全に防犯対策が整ってきている証拠です。ドアレンズで確認できる範囲は限られていて、それを補う役割となっています。もしくは、カメラ越しで、来訪者の顔を確認するだけでドアレンズが必要無くなりつつあります。また、わざわざドアを明けなくても簡易的な会話のやり取りが可能です。そんなインターホンに交換するのがいかがでしょうか。インターホンの交換は、特に大規模な工事は必要ありません。交換する予定の製品も選び用では安価で高機能なものが存在します。適切なインターホンと交換して防犯意識を高めていきましょう。